Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

よくある質問Q&A

■ 安全性について
■ レーシックの効果について
■ 適応検査について
■ 施術について
■ 施術後について
■ その他

安全性について

手術の後遺症などはありますか?
施術直後は、ゴロゴロした感じや眼が乾くといった症状を感じる事があります。また暗い所では明るい所にくらべて多少の見えにくさを感じることがありますが、時間の経過とともに改善します。
術後、夜間の見え方についてはどうでしょうか?
手術直後は個人差もありますが、夜間に光がにじんで見えたり(ハロー)、まぶしく感じたり(グレア)することがあります。これら夜間視力の低下も、ほとんどの方は手術から半年程度で改善、又は消失します。
失明する危険性はありますか?
これまでに世界でもレーシックで失明したという報告はありません。
手術後、何十年か経って問題が生じることはありますか?
日本ではまだ歴史の浅い近視矯正施術ですが、海外では世界各国のドクターにより様々な検証や臨床試験が行われ、レーシックでの長期安全性について問題ないと認定されております。その安全性と効果からすでに世界中で数百万人の方がレーシックを受けています 。
フラップがずれたり、はがれたりすることはありますか?
普通に生活していればその様な事はまずありませんが、施術後すぐに眼を強くこすったり、ぶつけたりすると、まれにフラップがずれてしまう可能性はあります。それを防ぐために、施術当日に保護用メガネを渡されます。施術後1ヶ月程度までは眼をこすったり、ぶつけたりしないよう注意して下さい。フラップがずれるとゆがんで見えたり、ゴロゴロした違和感を感じます。ご心配な点がありましたら直ぐに施術を受けたクリニックにご相談下さい。
›› フラップがずれてしまった方の体験談
合併症は起こりませんか?
軽度の充血や異物感などが考えられますが、いずれも時間の経過とともに改善します。
›› 詳しくは
再手術が出来ない場合で、近視の戻りが出た場合、コンタクトレンズはつけられますか?
術前の角膜形状と異なるため、ハードコンタクトレンズは合い辛くなる場合があります。
ソフトコンタクトレンズは付けることができますが手術前と同じ装用感を得られない場合もあります。
近視の戻りで再手術をすればその後は近視が戻ることはないのですか?
再度近視が戻るケースは僅かながらありますが、ほとんどのケースで回復します。
近視の戻りは、いつぐらいからおこるのですか?
1年以内がほとんどです。
1年以上経過しても視力が変わらない場合は、その視力のまま安定することが多いのですが、稀に、長期間たってから視力が低下するケースもあります。
パソコンの使い過ぎや暗い所でTVを見たりすることで再度視力は低下しますか?
基本的には起こりません。
レーシックをお受けいただいて、良くなった視力ですから、暗い場所で物を見るよりも、できるだけ明るい場所で物を見たほうが、眼の中の物を見ている場所にたくさん光が入り視力も出やすくなりますので、ぜひ参考になさってください。

レーシックの効果について

両眼0.03と、かなり視力が低いのですが「レーシック」で回復する可能性はあるのでしょうか?
ご自分の眼に最も合ったメガネやコンタクトをかけた時に見える視力が、回復できる視力の目安です。そのため0.03のような強度の近視の方でも、メガネやコンタクトの矯正器具をつけて1.0以上見えていれば、レーシックによって同じく1.0以上回復する可能性があります。正確には一度検査を受けて、どの程度の回復が見込まれるか、レーシックを行うことができるのかを調べてもらうのがいいでしょう。
視力はどの程度まで回復できるのですか?
施術前の状況や目標とする視力に個人差はありますが、目安としては眼鏡やコンタクトで矯正している時の視力が最大とお考え下さい。
レーシックは術後どれくらいの期間で視力が回復しますか?
手術直後から、裸眼で帰宅できるくらいまで回復しています。翌日には、ほとんどの方が裸眼視力で1.5程度の視力に回復しています。なんと言っても、一番感動するのは手術翌日の朝、目覚めた瞬間です。体験者の皆さんが口を揃えていろいろな感動秘話を聞かせてくれます。コンタクトをしたまま寝たと思った!時計がハッキリ見えた、枕もとのメガネをもう探さなくていい!見えすぎてなんだか自分の部屋が少し狭く感じた!などの言葉が寄せられています。
エピレーシック・PRKは術後どれくらいの期間で視力が回復しますか?
視力の回復には個人差があります。
術後すぐに視力が回復する方もいますが角膜上皮が再生して、傷口を覆うまでに3~4日かかり、徐々に視力が回復します。回復した視力は、安定するまでに半年ほどかかる場合もあります。
視力が戻ってしまうことはありませんか?
施術後の生活環境によっては、少し進行してしまう可能性はあります。万が一視力が低下しても医師の診察の結果、再施術が可能と診断された場合は追加矯正を行うことも可能です。

適応検査について

検査はどのようなことをするのですか?
施術前の検査には、視力検査・乱視検査・角膜の厚さを測る検査・角膜のカーブの度合いを測る検査・眼底検査・水晶体や網膜の検査・ドクターによる診断があります。この検査によって、施術が可能かどうかを判断しますので、必ず受ける必要があります。また施術前の充分なカウンセリングは大変重要です。不安な点や疑問点など、納得いくまで相談して下さい。
›› 詳しくは
コンタクトレンズは使用できますか?
コンタクトレンズをご使用の方は、角膜を圧迫変形から戻す為に検査と施術の前はいずれも、
・ソフトコンタクト(近視・遠視用) は1週間前から、
・ハードコンタクト・ソフトコンタクト(乱視用)・遠近両用コンタクトは2週間前から
装用を中止する必要があります。(使い捨ての場合も同様)また、検査から施術日までに装用中止期間以上の間隔がある場合には、施術日より逆算してコンタクトレンズの使用を中止頂ければ、検査から施術日までの期間にコンタクトレンズを装用しても問題ありません。
麻酔は使いますか?
麻酔は点眼麻酔(目薬)を使用します。通常の目薬と同じように点眼すると、数秒後には痛みを感じなくなります。注射による麻酔は行いません。
レーシックが受けられないということはありますか?
以下に該当する方は、施術不適応となる場合がございます。
■ 角膜が極度に薄い方
■ 眼の病気(白内障・円錐角膜・網膜疾患など)がある人
■ 妊娠中・授乳中の人(感染症予防の薬が使用できない場合がある為)
ドライアイでも大丈夫ですか?
眼精疲労やコンタクトレンズによるドライアイであれば、施術は可能です。ただし、度合いによって施術前の検査で不適応と判断される場合があります。まずは検査を受けることをお勧めします。

施術について

手術をすれば、誰でもよく見えるようになるのですか?
レーシック手術は誰でも受けられわけではありません。
まずは適応検査を受けて、レーシック適応かどうかを確認して下さい。
手術の失敗はないのですか?
どのような手術であっても100%完璧な手術はありません。
視力矯正の場合ですと、視力が1.0以上に回復しなかった場合はあります。またフラップ(ふた)を作る際にフラップが均一にできないケースがあり、オペを中断する場合もあります。その場合は、一旦フラップを元に戻し、3~6ヶ月間の角膜の安定をまってから、再手術を行なえばほとんどの方は希望視力に達することが可能です。また、イントラレース導入により、フラップをコンピューター制御のレーザーで作成することで、今まで以上に安全になりました。また、失明をすることはありませんので、ご安心下さい。(日本、アメリカの実例を見ても、失明したケースは報告されていません。)
レーシックとイントラレーシックって何が違うのですか?
主な違いは角膜にフラップ(ふた)を作る行程の違いです。レーシックは角膜にフラップを作成する際に、マイクロケラトーム(眼球専用カンナ)と呼ばれる刃物を使用するのに対して、イントラレーシックでは、イントラレースレーザー(Intralase FS60)を使用します。このイントラレースレーザーはコンピュータ制御でレーザーを照射しますので、極めて安定したフラップを作ることができます。
麻酔は使いますか?
麻酔は点眼麻酔(目薬)を使用します。通常の目薬と同じように点眼すると、数秒後には痛みを感じなくなります。注射による麻酔は行いません。
手術の跡は残りますか?
レーシックは、フラップと呼ばれるフタを角膜の表面に作ります。
このフタ(フラップ)は、一枚の角膜に戻ることはありませんので、特殊な染料で染めればフラップの跡を見ることができます。ただし、一般の方が普通に眼を見てもその跡を見ることはできません。また顕微鏡下でも染色をしなければ見つからないほどです。
なお、エピレーシックやPRKの場合は、レーザーで取り除いた角膜上皮が再生してくれば元の一枚の角膜に戻りますので、レーシックのような跡は残りません。
手術の際に瞬きしても大丈夫でしょうか?
開瞼器によって目を開けたまま固定しますので、まばたきすることはできません。
本当に痛くはないですか?
レーシックは基本的に痛みはありません。 レーザーを照射する前にまぶたを開く器具をつけることで、痛いと感じる方がいますが、痛みと言えるものではありません。手術中には目薬の麻酔が効いているかどうか充分に確かめながらおこないます。目は小さなゴミが一つ入っただけでも痛みを覚えますが、手術中は点眼麻酔をしていますので、痛みを感じません。普段、目にゴミが入る方が遥かに痛みを覚えます。
所要時間はどれくらいかかりますか?
実際のレーシック手術の時間は、10分前後です。
手術当日はお帰りいただくまでに、約2時間かかります。
※各クリニックによってかかる時間は多少異なります。
手術前の注意点などあったら教えて下さい
施術前も検査前と同様、コンタクトレンズの装用中止期間を守って下さい。施術当日から翌日検診終了までは、メイクや整髪料、香水の使用は控えて下さい。服装については静電気の起こりやすい衣類・毛玉や糸くずの出やすい衣服は避けて下さい。施術後は視界が白くぼんやりした感じになりますので、乗り物を運転しての来院は出来ません。公共の交通機関にてお越し下さい。
入院は必要ですか?
入院の必要は一切ありません。
検査当日に手術は受けられますか?
初回検査時には、瞳孔が広がる目薬を使用して検査を行いますので当日に施術を受けることはだいたいのクリニックで出来ませんが、『natural vision 高輪クリニック』では、特別プログラムとして受けることが可能です。また、検査から5時間は空けての施術となります。

施術後について

仕事を休む必要はありますか?
仕事は翌日から大丈夫ですが、眼を酷使するようなお仕事(パソコンを使用するお仕事など)は施術の2日後、野外でのハードなお仕事は1週間後位から可能です。また、夜間は見えにくくなる場合もありますので、夜間の見え方が安定するまで車の運転は控えて下さい。
メイクはいつから可能ですか?
■ メイク    目の回り以外のメイクは翌日より可能です。
■ アイメイク  術後1週間目から可能です。
入浴・シャワーはいつから大丈夫ですか?
施術当日は入浴・洗顔・洗髪ができません。顔は眼の周りを避け、濡れたタオルで軽く拭く程度にして下さい。また、肩から下のシャワーは可能ですが、絶対に眼に水が入らないようにして下さい。施術翌日の診察で問題が無ければ入浴・洗顔・洗髪は可能です。尚、1週間は眼に汗や石鹸水等が入らないよう十分ご注意下さい。
食事や飲酒に制限はありますか?
食事制限はありませんが、アルコールは傷の治りが遅くなりますので、1週間はお控え下さい。
眼はかゆくてもこすってはいけないのですか?
施術後1ヶ月経ってフラップが安定するまでは、眼を強くこすらないで下さい。かゆみのある場合は処方される目薬を点眼して下さい。
車・バイクの運転はいつから大丈夫ですか?
ほとんどの方は施術翌日から良好な視力に回復されており、車の運転も可能ですが、術後の経過には個人差がありますので定期検診時にご相談下さい。夜間は見えにくくなる場合もありますので、夜間の運転は術後1週間程度は避けて下さい。
スポーツはいつ頃からできますか?
施術1週間後より軽い運動(ゴルフ・ジョギング等)程度なら可能ですが、激しいスポーツ(サッカー・野球・水泳・ダイビング等)は1ヶ月後からになります。
フラップの強度はどれくらい?
手術当日は簡単にずれますので、絶対に触らないで下さい。寝るときはきちんと保護用眼帯をして、力いっぱい目をつぶったりしないで下さい。翌日の検診は必ず受けて下さい。万が一ずれたとしても翌日に戻しますので安心してください。ずれることが多いのは圧倒的に手術当日です。

その他

年齢制限はありますか?
18歳以上を対象としています。18歳未満の方は、まだ眼の成長段階にあり、視力が安定していない為、施術を行うことができません。また、未成年の方の場合は保護者の同意書が必要となります。
片眼のみ視力が低い場合、片眼だけでもレーシックは可能ですか?
レーシック手術は、視力が低いほうの眼だけを手術することも可能です。片眼のみの手術で問題がないかどうかは、適応検査にて眼の状態をみて判断します。
いま通院加療中ですが、手術はできますか?
治療中のご病気や処方内容(服用期間・種類・量)によっては、手術が難しい場合もありますので、治療の内容を詳しく確認させていただくためにも、診療情報提供書の用意して下さい。
診療情報提供書には、以下の内容の記載して下さい。
① これまでの治療経過と現在の症状
② お薬の服用期間・種類・量
③ 主治医によるレーシックを受ける事の可否の判断
通院先の病院で用意していただいたもので大丈夫です。
花粉症ですが、手術できますか?
目を掻いてしまうことがありますので、花粉症の時期は避けてください。
症状が落ち着いてから受けることをお薦めいたします。
乱視でも「レーシック」を受けることができますか?
乱視が入っている人でも、レーシックで治す事ができます。
手術前の検査に行ってみないと分かりませんが、現在、使用中のメガネやコンタクトレンズで、乱視を矯正できているのであれば「レーシック」によって、同様に矯正できる可能性が非常に高いといえます。そもそも乱視とは、角膜にゆがみのある状態をいいます。本来、人間の眼は、ボールのような球形になっており、乱視の人の眼は、球ではなく、ラグビーボールのような楕円な球形になっています。そのために、その角膜から入ってくる映像がゆがみ、見るモノがぼやけたり、2重3重に見えてしまう。この現象を「乱視」というのです。レーザーによって、その歪んでいる部分を矯正し、正確にピントが合うように角膜を削っていくので乱視も治せます。
医療費控除は受けられますか?
1月から12月までの間に、本人または家族(税法では「生計を一にする親族」といいます)が支払った医療費が10万円を越える方は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。(10万円を超えた医療費全額が戻るわけではなく、所得税率など複雑な計算によって、最終的な還付金額が決定します。)確定申告の時期は1月から12月までの間に支払った医療費を、通常翌年の2月16日から3月15日までに申告します手術代金の領収書は、大切に保管し確定申告の際に、控除対象か否かをお住まいの地域税務署にお問い合わせください。
生命保険の医療給付は受けられますか?
生命保険・医療保険の給付金のうち、多くの生命保険・医療保険でレーシックが手術給付金の対象になる場合があります。加入している保険の種類にもよりますが、一般的に3万円~10万円くらいの手術給付金が支給されます。
›› 詳しくは
レーシックを受けると老眼になるのが早くなりますか?
老眼は年齢と共に一般的に誰でも進みます。レーシックを受けて遠くが見えるようになることが、老眼を早く気付かせる作用になる場合があります。「早くなる」のではなく「早く気づき」ます。老眼になると言うことは、目の中のレンズを支えている筋肉が衰え、近くを見るときに厚くしているレンズを厚く出来なくなる状態です。近視の方は元から焦点が手元に合っているため目の良い方ほど近くを見る際に筋肉を使わないのです。何気なくメガネを外している行動が近視の方の老眼のはじまりです。
›› 詳しくは
診断書はもらえますか?
保険会社所定の診断用紙を施術当日もしくは、施術翌日検査時にご持参下さい。
※詳しくは各クリニックへお問い合わせ下さい。
2009© Life style.All Rights