Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

PRK

PRKは、Photo Refractive Keratectomyの略で、Lasikが普及する以前から安全な視力矯正治療法として世界各国で行われてきました。現在のPRKは改良が行われ、安全性と視力回復精度が向上し、Lasikと同等の効果が期待できます。

PRKとは、フラップを作成せずに角膜上皮から直接レーザーを照射します。

角膜上皮はその後再生しますが、再生する時(術後1-4日)に痛みを伴うことがあります。

Lasikと比べて、フラップにまつわる合併症がなく、適応範囲が広いのが特徴です。

PRKは、フラップを作成しないため、角膜の厚さが足りなくてLasik、Intra Lasikを受けられなかった方、強度近視、強度乱視の方でも受けることが出来ます。また、角膜上皮を再生させますので、完全に角膜が元通りになるため眼に衝撃が加わる格闘技(ボクシング、空手、柔道、ラグビー、アメフトなど。)をする方でも受けられます。

 

PRK

 

メリット
・強度近視・乱視でも受けることが可能
・角膜の厚さが足りなくてLasik、Intra Lasikを受けることが出来なかった人でも受けることが可能
・格闘技をする人でも受けられる
・網膜の状態がLasikに適していない方
・レーシックのマイクロケラトームが物理的に眼に入らない方(眼が極端に小さい方)
デメリット
・視力回復までに時間がかかる
・通常のLasik、Intra Lasikよりも多少高い
・角膜の再生過程を確認するため、術後の通院回数が多い
 
2009© Life style.All Rights