Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

Wavefront

見えるだけではなく、見え方の追求をするのがWavefront(ウェーブフロント)です。
最近導入している医院が増えています。

ウェーブフロントとは、『Lasik』や『intra-Lasik』、『Z-Lasik』、『Epi-Lasik』などに、一人一人の眼にあわせたオリジナルのエキシマレーザーの照射を行うための検査機(「ウェーブフロントアナライザー」や「ウェーブスキャン」)を導入した手術法です。

ウェーブフロントアナライザー・ウェーブスキャン

通常のレーシックでは、エキシマレーザーで角膜を削る際に均一に照射する為、削られる厚さも均一になります。しかし、眼は1人1人異なっており、収差と呼ばれる工学的な歪みや角膜、水晶体、網膜などの細かな凹凸があります。その凹凸に合わせてエキシマレーザーの照射を変えるというのが「ウェーブフロントアナライザー」や「ウェーブスキャン」と呼ばれる検査機の役割になります。

まず、手術前に角膜の形状を立体的に解析をして、その角膜の凹凸に合わせて削る角膜の深さをプログラムします。そして、そのプログラムをエキシマレーザーに入力することで、その角膜の凹凸に応じた照射が可能になります。

ウェーブフロントは、術後のヒカリのにじみ、夜間の視力の向上、ハロ・グレア現象などの副作用が起こりにくくなり、乱視の矯正も可能です。しかし、ウェーブフロントにも欠点はあり、角膜の切除量が多くなりますので、角膜の厚さに余裕がないと受けることは出来ません。角膜の厚さに余裕があり、見え方のクォリティーを求める方にお勧めです。

『ウェーブフロント〜』、『カスタム〜』、『iLASIK』、『Z-Lasik+』は全てウェーブフロントにあたります。
WaveLight社製の「ウェーブフロントアナライザー」を使用したものを『ウェーブフロントレーシック』、『ウェーブフロントイントラレーシック』などと呼んでいることが多く見られます。また、AMO社製の『Wave Scan』・『VISX Star S4 IR』の組み合わせを『CustomVue』、AMO社製の『Wave Scan』・『Intralase FS60』・『VISX Star S4 IR』の3機種の組み合わせによるウェーブフロントイントラレーシックを『iLASIK』と呼びます。そして、AMO社製の『Wave Scan』・『VISX Star S4 IR』、Ziemer社の『FEMTO LDV』の3機種の組み合わせによる新世代のカスタムイントラレーシックを『ZLASIK+』と呼びます。

Wavefront Analyzer
ウェーブフロントアナライザー
Wave Scan
CustomVue

 

メリット
・1人ひとりに合わせた最適な「見え方」を実現
・術後の光りのにじみの減少
・通常のレーシックと比べて夜間視力の満足度が4倍!
・ハロ現象、グレア現象などの副作用が出にくい
・乱視の矯正が可能
・再治療発生率を低く抑えることができる
デメリット
・角膜の切除量が増加する場合がある

収差とは?

光の波長の違い、また光線がレンズを通過する角度や位置によって、光束(光の束)の集まる位置(焦点)が多少ずれる現象を「収差」と言います。
収差について
2009© Life style.All Rights