Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

Z-Lasik

Z-Lasikとは、施術手順等はIntra-Lasikと同じです。
フラップの作成に使うフェムトセカンドレーザーが、『IntralaseFS60』から『FEMTO LDV』(通称ダヴィンチ/Ziemer社製)に変わったものを指します。

『FEMTO LDV』(通称ダヴィンチ/Ziemer社製)は、IntralaseFS60と比べて1スポットあたり1/1000以下のエネルギーで施術ができ、IntralaseFS60の問題とされていた角膜切除面の溶解や周囲組織への侵襲がないため、層間角膜炎の発症を軽減・抑制することができ、さらに安全で質の高い治療が可能になりました。「回復が早く手術痕が残らずにきれいに仕上がる」「術後炎症が少ない」などの利点があります。

 

ゼットレーシック

 

メリット
・角膜切開面の溶融や周囲組織への侵襲がない
・回復が早く手術痕が残らずにきれいに仕上がる
・術後炎症が少ない
デメリット
・新機種のため症例実績が少ない。
 

FemtoLDVとIntralase FS60の違い

従来はマイクロケラトームのメス刃でおこなっていた角膜フラップの作成を、フェムトセカンドレーザー(Intralase FS60やFemtoLDVなど)でより安全・正確におこなうことができるようになりました。

FEMTO LDVは、マイクロケラトームで最も優れた機種と称されるAMDEUS IIを製造したZiemer社が歳月をかけて開発・熟成した新世代のフェムトセカンドレーザーです。

他製品のエネルギー量がミクロン単位であるのに比べ、ミクロンの1000分の1であるナノレベルでのレーザー照射です。低エネルギーかつ緻密に高周波数での照射がおこなえるため、Intralase FS60の欠点であった角膜切開面の溶融や周囲組織への侵襲がないため、「回復が早く手術痕が残らずにきれいに仕上がる」「術後炎症が少ない」などのメリットがあります。

「フラップ作成後にベッドや部屋を移動せず、そのままエキシマレーザー照射をおこなえるのでトータルの手術時間が短い」といったメリットもあります。

femto
femto
2009© Life style.All Rights