Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

レーシック以外の回復法

現在ではレーシックのように手術によって視力回復を行う方法や、手術を行わないで裸眼生活を手に入れる方法があります。また、視力回復トレーニングなどもあり、レーシック以外にも様々な方法があります。

レーシック以外の代表的な視力回復法を見てみましょう。

オルソケラトロジー、フェイキックIOL、イントラ角膜リング(ICL)は、レーシック医院で導入している医院が増えています。ただ・・・価格はレーシックと比べると高いです。

オルソケラトロジー

手術を行うことなく、裸眼生活を手に入れることが出来ます。

オルソケラトロジーは、通常のコンタクトレンズと同じように利用する視力矯正法の一つで手術を必要としません。ただし、通常のコンタクトレンズと異なる点は、"寝ている間に装着する"という点にあります。

オルソケラトロジーは、ギリシア語の「ortho(矯正)」、「kerato(角膜)」、「logy(学問)」という言葉を組み合わせたもので、「ortho-keratology(角膜矯正学)」という意味を持っており、「角膜を矯正して視力を向上させる」という点においてはレーシックと同じですが、手術による矯正ではなく、レンズの形状に合わせて角膜の形状を矯正します。

特徴としては、「夜寝ている間の数時間だけレンズを装着して、昼間は裸眼で生活できる」ということが言え、手術を行わないため、何らかの支障が出た場合でも即座に対応が出来るというメリットがあります。

また、レーシックなどの場合は成長期には適応できませんが、オルソケラトロジーの場合は成長期の方が高い効果が得られるため、成長期における視力低下にも大きな効果があります。

他にも、パイロットなどの視力制限がある職業においても手術を要さない為に、裸眼として認識することが出来るというメリットもあります。

オルソケラトロジーの仕組み

通常のコンタクトレンズの場合、角膜の形状に合わせて、レンズ自体の屈折により視力矯正を行います。

しかし、オルソケラトロジーの場合は角膜の形状を矯正するので、レンズを装着することで意図的に角膜に圧力をかけます。

寝ている間に角膜に圧力をかけて矯正する為、一般的には6時間以上の睡眠時間(装着時間)が必要だと言われています。

矯正した角膜の形状は、レンズを外している間に元の位置に戻ってくるので、最初のうちは短時間しか効果が無い場合もあります。

しかし、そのような場合でも次第に効果の持続時間が伸びて、毎晩レンズを装着しなくても一定の視力を得ることが出来るようになります。

オルソケラトロジーの副作用

オルソケラトロジーは手術を行わないため、一般的に「副作用」と呼ばれる程の症状はありません。しかし、コンタクトレンンズを装着することから起こりえる症状が幾つかあります。

・残余乱視
・グレア現象
・角膜炎

フェイキックIOL

レーザーを使わない視力矯正手術の一つに「フェイキックIOL」というものがあります。

この手術は、もともと白内障の手術に利用されていた方法を視力矯正に応用したもので、メディアなどでは「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。

白内障の治療では、白濁した水晶体を取り除き、取り除いた水晶体の代わりに人口レンズを装着します。
フェイキックIOLでは、正常な水晶体はそのまま残した状態で虹彩に取付けられます。

レーシックとの比較

フェイキックIOLは、レーシックと同じように手術によって視力矯正を行いますが、角膜を削って矯正をするレーシックとは異なり、レンズを眼球に埋込むことで視力矯正を行います。
そのことにより、レーシックとは様々な点で相違点が出てきます。

フェイキックIOL
・適応制限

レーシックの場合、角膜を削ることで視力の調整を行います。その為、角膜の厚さにより手術を行えない場合があります。

一方フェイキックIOLは、人口レンズを挿入するだけなので角膜の厚さに関係なく手術を行うことができ、強度近視の方にも有効な手術の一つです。

また、レーシックの場合、再生機能の無い角膜実質を削るので、一度手術をしてしまうと元には戻せませんが、フェイキックIOLの場合は、人口レンズを取り出すだけで手術前の状態に戻すことも可能になります。

・手術時間

手術時間は通常のレーシックと同じように10〜20分程度で済みます。

しかし、手術後の経過はレーシックの方が圧倒的に早く、レーシックは両目同時に行って、手術当日に帰宅することが出来ますが、フェイキックIOLの場合は、レンズの挿入に角膜を数mm切開する為に縫合が必要になることなどから、両目の手術を行う際でも、数週間の間隔を空けて片目ずつ手術を行うことになります。

また、通常のレーシックであれば数時間後には一定の視力回復が得られますが、フェイキックIOLの場合は、一定の視力にまで回復するのに時間が必要になります。 これは、手術後の縫合による乱視の影響など、切開箇所が完治するまでは視力が安定しないことによります。

・矯正効果

フェイキックIOLは、レーシックとは異なり角膜などを削らないため、ハロ現象・グレア現象といった光に対する影響が殆どありません。その為、通常のレーシックに比べ視界がクリアだと言われています。また、夜間の運転などを行う場合には、レーシックよりもフェイキックIOLの方が有効だということが言えます。

また、レーシックの場合は、手術の効果は医師の技量にも影響されますが、機械の精度に大きく影響されます。しかし、フェイキックIOLの場合は、手術の効果は医師の技量によって大きく影響されます。
その為、レーシック以上に執刀医の選択を慎重に行う必要があります。

・費用

現在ではレーシックは広く普及しているため、価格競争の効果もあり、両眼で10万円を切る場合もあり、主流の Intra Lasik は大手クリニックの価格競争で13万円程度で受けることが可能です。(2009.06.19現在)

しかし、フェイキックIOLの場合は、まだ広く普及していないこともあり、両眼で50〜70万円の費用がかかってしまします。(クリニックによって価格差がかなりあります。)

フェイキックIOLも自由診療な為、今後は普及に伴って費用も安くなっていくと思われますが、現状ではかなり高額になっています。

フェイキックICL

フェイキックIOLと同様に眼球内にレンズを埋込んで視力矯正を行う方法として、フェイキックICLという方法があります。この「ICL」は「Implantable Contact Lens」の略名で「移植型コンタクトレンズ」とも呼ばれています。

日本ではまだ認可がおりていない為、フェイキックIOLに比べても施術を行っている機関は少ないですが、フェイキックIOLと同様に注目されている視力矯正法の一つです。

フェイキックIOLとの違い

「移植型コンタクトレンズ」という意味においてフェイキックICLとフェイキックIOLは同じ手術法だということが言えるため、医師によっては同じ手術法だと捉えられている場合もあるフェイキックICLですが、これらの方法の違いはレンズを埋込む場所の違いにあると思われます。

フェイキックIOLの場合は、虹彩と角膜の間にレンズを埋込み、虹彩の外側を"つまむ"形で固定します。

それに対して、フェイキックICLの場合は、虹彩と水晶体の間にレンズを埋込みます。また、「コラマー」と呼ばれる形状記憶性のある柔らかい素材を使うことで、小さい挿入口でもレンズを折り畳んで挿入することが可能になります。

折り畳んで挿入したレンズは水晶体と虹彩の間の液体で広がり、その液体の中で固定されます。

フェイキックICLの場合は、挿入口が小さくて済む為、縫合の必要性が無く、炎症などを抑える為の点眼を行うことで挿入口を完治させます。

フェイキックICLとフェイキックIOL
レーシックとの比較

フェイキックICLは「移植型コンタクトレンズ」の特性としてフェイキックIOLと同じメリットとデメリットがあります。

・適応制限

レーシックの場合、角膜を削ることで視力の調整を行います。その為、角膜の厚さにより手術を行えない場合があります。

一方フェイキックICLは、人口レンズを挿入するだけなので角膜の厚さに関係なく手術を行うことができ、強度近視の方にも有効な手術の一つです。

また、レーシックの場合、再生機能の無い角膜実質を削るので、一度手術をしてしまうと元には戻せませんが、フェイキックICLの場合は、人口レンズを取り出すだけで手術前の状態に戻すことも可能になります。

・手術時間

手術時間は通常のレーシックと同じように10〜20分程度で済みます。

フェイキックIOLの場合は、レンズの挿入に角膜を数mm切開する為に縫合が必要になることなどから、両眼の手術を行う際でも、数週間の間隔を空けて片眼ずつ手術を行うことになりますが、フェイキックICLの場合は、縫合の必要性が無い為、レーシックと同程度の時間で出来ます。

・矯正効果

フェイキックICLは、フェイキックIOLと同じように、角膜などを削らないため、ハロ現象・グレア現象といった光に対する影響が殆どありません。その為、通常のレーシックに比べ視界がクリアだと言われています。また、夜間の運転などを行う場合には、レーシックよりもフェイキックIOL・ICLの方が有効だということが言えます。

また、レーシックの場合は、手術の効果は医師の技量にも影響されますが、機械の精度に大きく影響されます。しかし、フェイキックICLの場合もフェイキックIOLと同様に、手術の効果は医師の技量によって大きく影響されます。
その為、レーシック以上に執刀医の選択を慎重に行う必要があります。

・費用

現在ではレーシックは広く普及しているため、価格競争の効果もあり、両眼で10万円を切る場合もあり、主流の Intra Lasik は大手クリニックの価格競争で13万円程度で受けることが可能です。(2009.06.19現在)

しかし、フェイキックICLの場合は、まだ広く普及していないこともあり、両眼で50〜70万円の費用がかかってしまします。(クリニックによって価格差がかなりあります。)

フェイキックICLも自由診療な為、今後は普及に伴って費用も安くなっていくと思われますが、現状ではかなり高額になっています。

イントラ角膜リング(ICRS)

イントラ角膜リングは、円錐角膜の画期的な治療法です。

円錐角膜とは?

円錐角膜は、角膜が部分的に薄くなり、この弱い部分が前の方に出てきてしまう進行性の病気です。進行する度合いは人によって様々で、数ヶ月の間に進行する場合もあれば、何年もかけて進行する場合もあります。

多くの場合は両眼で起こりますが、必ずしも発症する時期は、同時とは限りません。角膜が円錐状に突出しゆがんでくるために、近視および不正乱視(メガネやコンタクトで矯正できない乱視)となります。典型的な最初の症状は、物が若干ぼやけて見えることから始まりますが、自覚症状がなく、精密検査の結果、発見されることが多いようです。

円錐角膜の原因は現在のところ不明ですが、発症に男女差(日本では男:女=3:1)があることから、ホルモンとの関連があるのではないかとも考えられています。目をこするくせやアトピーとの関係も指摘されています。
初期の円錐角膜の場合は、コンタクトレンズでの矯正が可能ですが、症状が進むとコンタクトレンズの装用も困難となり、更に進行すると角膜が混濁して、最悪の場合は角膜移植が必要となります。

イントラ角膜リングとは?

角膜リングとは、円錐角膜もしくは、手術をすることで、円錐角膜のような変形が懸念されるため、アイレーシック(iLASIK)やエピレーシック (EPI-LASIK)などエキシマレーザーによる屈折矯正手術ができない方に適した手術です。角膜内に直径5~7mmの半円からなる弓状のリングを挿入し、角膜の形を変え近視・乱視を治療します。リングは、半円状の2つのリングで構成され、角膜に1または2つのリングを挿入します。
以前は、リング挿入の際、人の手を用い、角膜を切開しリングの挿入をしていましたが、最近は IntralaseFS60 というフェムトセカンドレーザーを用いて切開を行う医院が増えていますので、極めて安全で精密な治療が行えます。

万が一、問題が起こった場合、リングを取り外せば、元の状態に戻すことが出来るというメリットもあります。

イントラ角膜リング(横)     イントラ角膜リング(正面)

視力回復術

視力回復は高いお金を払って手術をしないと回復しないものでもありません。

いろいろと研究が進み、近視が進みすぎていない限り14日で視力が回復出来る方法というのもあるそうです。

「本当に回復するの?」と、思うかも知れませんが、「合併症が不安、失敗が不安・・・20万前後もかかる・・・」と悩んでいるなら、「レーシックを受ける前にぜひともやっておこう!これで回復したら儲け物!!」と思いませんか?

ジニアスアイ

『なぜ、視力は落ちるのか?』の原因を思い違いしていませんか?

正しい原因は、
・運動不足による眼筋(眼球を動かす眼の筋肉のこと)の衰え
・ストレスによる眼球への血行不良

『目の使いすぎで視力が落ちるのではなく、使っていないから落ちるのです。』

実際やってみるとこれ・・・結構疲れるんです。

「普段全然眼筋使ってなかったんだなぁ〜」って思いました。

最初なんて1項目やるだけで疲れ果てていたんですよ...

1項目やっては、休憩の繰り返し!!

疲れた状態でやるのはよくないそうなので、

きっちり休憩も交えて回復術をこなしていけば

あなたも手術なしで、視力回復!!
ジニアスアイ
2009© Life style.All Rights