Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

レーシックを受けられない人

レーシック(LASIK)はすべての方が受けられるわけではありません。
残念ながら、およそ5人に1人の割合で、適応外となる場合があります。

以下の条件に当てはまる方は、適応外となる可能性があります。

・17歳以下の方
・角膜ヘルペスの方
・角膜移植をしている方
・強膜裂傷がある方
・黄斑部変性がある方
・重篤な糖尿病・膠原病など内科的疾患がある方
・過去にメスを使用した眼球疾患の手術を受けている方
・眼の病気の方
・近視・乱視があまりにも強い方
・妊娠中・授乳中・授乳後3ヶ月以内の方(不妊治療中の方も含みます)
・バセドウ病の治療薬を服用中の方
・パイロットの方もしくはパイロットを目指している方
(手術が認められるケースもありますので細は航空機免許の専門機関等にご確認ください。)
・視神経障害がある方
・角膜の形状や厚みが適応範囲外の方

各医院で少し手術を受けられる範囲が変わって来ますので、受けたい医院が決まったら問い合わせをしてみましょう。とりあえず、無料適応検査に行ってみるのもいいかもしれません。

2009© Life style.All Rights