Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

医療控除

レーシック(屈折矯正手術)の手術費用は、確定申告の際、医療費控除の対象となる場合があります。

医療費控除とは?
1月から12月までの間に、本人または家族(税法での「生計を一にする親族」)が支払った医療費が
10万円を越える場合、確定申告によって過剰に支払った税金の還付が受けられます。

手術代金の領収書をクリニックから発行されますので、大切に保管し確定申告の際に提出してください。確定申告の時期は、1月から12月までの間に支払った医療費を、通常翌年の2月16日から3月15日までに申告します。詳しくは管轄の税務署にお問い合わせください。
※領収書は再発行されませんので紛失しないよう大切に保管して下さい。

税金の算出

医療費控除は所得として算出させる為、所得控除に含まれます。

(所得税) = {(所得) -(所得控除)} ×(税率)

つまり、(医療費控除額) ×(税率)が過剰に支払った税金として、確定申告により還元されます。

年収400万円の所得がある場合、所得税の税率は20%なので、手術代や検査費用、交通費などを含めレーシックによる費用が50万円であった場合、「50万円(医療費控除額)×20%(税率)=10万円(過剰納税額)」が確定申告によって戻ってくることになります。

適用条件

医療費控除は、"年間の支払い医療費総額が10万円以上"または"総所得の5%以上"が適用になる為、これらの条件に該当しない場合は適用になりません。

また、医療費控除額の算出は、下記のように算出されますが、この算出法により、"年間の支払い医療費総額が10万円以上"または"総所得の5%以上"の場合にも、結果的に適用にならないこともあります。

(医療費控除額)=(支払い医療費総額)−(医療費基準金額)
 ※(医療費基準金額)=(10万円)または(総所得の5%)

例えば、かかった費用が19万円で、生命保険などの給付金が10万円であった場合、
(支払い医療費総額)=19万円(実際にかかった医療費総額)−10万円(医療費補填金額)=9万円
になる為、10万円を切ってしまい、医療費控除の対象にはなりません。

2009© Life style.All Rights