Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

レーシックの種類

近年レーシックも発展し、色々な最新技術・最新の機械が出て来ています。

上記のようにいろいろな術式があるだけでなく、医院によって導入している機器も保証制度も異なりますのでよく調べましょう。

特に注意しなければならないことは、術式によって角膜を削る量が変わってきます。初期からある、カンナ状の機械で角膜を削る『Lasik(ケラトームレーシック)』は角膜の切除量が多いことと、見え方を追求して一人一人のオーダーメイトレーシックをする『Wavefront』『iLasik』も切除量が多いです。

つい最近登場した『Z-Lasik+』は、『iLasik』で使用しているイントラレースを新世代フェムトセカンドレーザーFEMOTO LDVに変えた術式です。イントラレースの欠点を克服しているので、『iLasik』で角膜の厚みが足りなくても、『Z-Lasik+』でなら厚みが足りることもあります。

レーシックの術式の違いについて

lasik

現在、Lasikには大きく分けて3つのフラップを作る方法とフラップを作らない方法があります。

上の図を見ていただけると解るように、ケラトーム(黄)、フェムトセカンドレーザー(桃)、アルコール(青)の3種類とフラップなし(緑)があります。ケラトームには、マイクロケラトーム(Lasik)とエピケラトーム(Epi-Lasik)があり、フェムトセカンドレーザーにも2種類あって、Intralase FS60(Intra Lasik)とFemtoLDV(Z-Lasik)があります。

これらの方法で、フラップを作り、エキシマレーザーを照射します。照射方法を一人一人にあわせたオーダーメイトにするのにWavefront検査機を取り入れるかを選択します。各術式にWavefrontを追加して、Wavefront Lasik とか Custom Lasik などと呼ばれていることもあります。上記の図のiLasik、Z-Lasikは、決まった機種の組み合わせの Wavefront Intra Lasik、Wavefront Z-Lasikを指します。

また、PRK を進化させたものが Epi-Lasik で、Intra Lasik の上位機種が、Z-Lasik です。このため、両方を導入している医院では、PRK よりも Epi-Lasik を勧められることが多いでしょう。しかし、PRK だけはフラップを作成しないので、網膜の状態がレーシックに適応していない方、角膜上に問題があって眼圧をかけることが出来ない方にはお勧めです。

レーシックに必要な角膜の厚さ

Lasikを受ける時にまず、自分の角膜の厚みで受けられる術式と受けられない術式があることを理解しておいてください。日本人の平均は520μmと言われています。

Lasikでは、ケラトームやフェムトセカンドレーザーでフラップという蓋(ふた)を作ります。次に、蓋を開けてエキシマレーザーで角膜実質層を焼くことによって視力を矯正します。そのため、全体的な角膜の厚さに対してフラップの厚みをどれぐらいにするのか、また角膜実質層をどれぐらい切除するのかが、問題になります。

Lasikでどれくらい角膜を削るかは、その人の近視・乱視の度合いによって差はありますが、今回は Intra Lasik の施術で130μmと設定してお話をします。

Lasik手術によって角膜を削った後は、フラップを含めた厚さが最低390μmは残っていることが必要だと考えられています。これは、Intra Lasik で作成するフラップの厚さが110μmと考えた際に、角膜実質層が280μm以上はないとコントラスト感度の低下など、薄くなりすぎることにより様々な問題が生じると言われているためです。しかし、残った角膜(角膜実質層)が280μmというのはあくまで最低のラインです。実際には、330μm以上残るのが望ましいとされています。そうすると、全体的な厚さとしてはフラップと残った角膜(角膜実質層)を合計して330μm+110μmで440μm残っていることが望ましいこととなります。

角膜切除量

計算方法としては、

 視力の度合い(D:ディオプトリー)の合計×14μm
(例)軽度近視-2Dで乱視-1Dの場合...
⇒ 3D(=-2D+-1D )×14μm=42μm
 [近視の度合い]
・軽度近視   -3D未満
・中等度近視  -3D以上-6D未満
・強度近視   -6D以上-10D未満
・最強度近視  -10D以上

この例の場合、角膜42μmを切除することになりますので、残った角膜の厚さを理想値の330μm以上にする場合は、これに再手術のための20μm(約-1.0D矯正分)を足すと350μm。これに自分の切除予定量42μmとフラップの110μmを足すと、350μm+42μm+110μm=502μmとなります。

つまり、502μm以上角膜の厚さがある人であれば、再手術が可能な上に、近視戻りなどを考慮した上で安心ラインになります。

lasik

角膜の厚さの必要量は上の図で左から右へ厚くなります。参考までに、Lasikのフラップの厚さは160μm、IntraLasikは100μm、Lasekは50μmくらいになります。

角膜とレーシック

レーシックの種類と適応基準

Lasikの各施術にはあなたの眼の状態、生活で向いている向いていないがあるのでまとめてみましょう。

①角膜の厚みが十分にあり、せっかくやるならクォリティーも高い方がいい
 [Z-Lasik+] [iLasik] [Wavefront Intra Lasik]
②メガネやコンタクトが煩わしい。裸眼で見えるようになりたい。
 [Z-Lasik] [Intra Lasik]
③角膜の厚みが十分にあり、出来るだけ安く済ませたい。
 [Lasik]
④強度近視・乱視でLasikが受けられない。
 [Epi-Lasik] [Lasek] [PRK]
⑤角膜の厚みが足りなくてLasikが受けられない。
 [Epi-Lasik] [Lasek] [PRK]
⑥格闘技などの激しいスポーツを行う方。
 [Epi-Lasik] [Lasek] [PRK]
⑦眼の小さい方。角膜形状がLasikに向いていない方。
 [Lasek]

Lasikにもいろいろ特徴がありますので、きちんと理解して術式を選びましょう。

レーシック術後の経過の違い

術式によって視力回復の時期、術後の痛み、ハロ・グレア現象の出方等も変わって来ますのでそこら辺を見てみましょう。

 視力回復の時期
  早い(1〜2時間程度)   [Z-Lasik+] [iLasik] [Z-Lasik] [Intra Lasek]
中程度(2〜3時間程度)   [Lasik]
遅い(数日〜2週間程度)  [Epi-Lasik] [Lasek] [PRK]
 術後の痛み
  4時間程度   [Z-Lasik+] [iLasik] [Z-Lasik] [Intra Lasek] [Lasik]
1〜3日程度  [Epi-Lasik] [Lasek] [PRK]
 術後の角膜構造の変化
変化なし   [Z-Lasik+] [iLasik] [Z-Lasik] [Intra Lasek] [Lasik] [Epi-Lasik]
[PRK]
ボーマン膜が失われる   [Lasek]
 ハロ・グレア現象
ほとんどない   [Z-Lasik+] [iLasik] [Wavefront]
非常に少ない   [Z-Lasik] [Intra Lasek]
少ない   [Epi-Lasik] [Lasek] [PRK]
ややある   [Lasik]
※ハロ・グレアはいずれもレーシックの一般的な合併症で、フラップが完全にくっついてない時期に光の屈折が原因で起こり、時間の経過をともに治まっていkます。ハロとは夜間においてヒカリがにじんで見える現象です。グレアとは光がギラギラとまぶしく見える現象で、車の運転時には対向車のヘッドライトがまぶしく感じます。

エキシマレーザーの比較

ここでは、エキシマレーザーの主流「VISX StarS4-IR」・「アレグレットWaveEye-Q」の特徴と「アレグレットWaveEye-Q」と「コンチェルト」の違いについて見てみましょう。

VISX StarS4-IRは太いレーザー光線を使い分けるブロードビーム(broad beam)タイプで、アレグレットは細かいレーザー光線を使うフライングスポット(flying spot)タイプです。

レーザーの照射方式には、それぞれが本来有する長所短所があります。

Visx Star S4IR と AREGRETTO WaveEye-Q

また、コンチェルトは AREGRETTO WaveEye-Q と同じ WaveLight 社製。レーザー照射のソフトウェアが同じなので、削る量はまったく同じです。ンチェルトの照射スピードが20%速いので、照射時間がアレグレットの10秒ならコンチェルトは8秒と、わずかにコンチェルトが速いくらいです。価格は AREGRETTO WaveEye-Q が5千万でコンチェルトが1億5千万と3倍高い。

2009© Life style.All Rights