Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

品川近視クリニック体験談

品川近視クリニック神奈川クリニック神戸クリニックナチュラルヴィジョン東京レーシックセンター
品川近視クリニック体験談10
動機医院選択事前検査手術翌日検診1週間後2週間後1ヵ月後2ヵ月後3ヵ月後
レーシックを受けようと思った動機

ハードコンタクトから使い捨てコンタクトに変更してから、毎月の出費がかさむ事と、起床してまず眼鏡をかけないと子供の顔が見えない事、眼鏡を壊されると困る事等あり、前々から興味があったレーシックを受けようと思いました。

前々からレーシックには興味がありましたが、今一歩踏み切る事が出来ませんでした。痛みは無いといいますが、やはり恐怖心と金銭面とで悩みながら数年過ごしていました。

しかし、会社の先輩がレーシックを受けた事を知り、色々と話を聞いて、恐怖心もなくなり、金銭面も数年前に比較して半額以下でとても高レベルの施術が受けられるとわかり、決心しました。

・メガネ暦 小学校5年生から          ・コンタクト暦 高校1年から
品川近視クリニックを選んだ理由
富山から乗り換え無しで行ける
術後の検診が地元で受けられる
事前検査

予約 11時
到着 10時半

少し早く着きましたが、問診表が結構書く事があったので(眼鏡歴・コンタクト歴等)丁度いい感じでした。

第一印象はすごく混んでいるといった事です。3人がけのいすがいくつもありますが、術前・術後の検診の方でいっぱいです。受付の方は数人いますが、どなたもかなり早口でした。支払い方法まで聞かれて、ローンと一括で悩んでいたのですが、悩む間を貰えないくらいの早口でした。ローンの場合は検査の日に用紙の書き込みが必要と言われました。

検査は予約時間通りに始まりました。
数種類の機械で視力・眼圧等を測り、視力検査、瞳孔が開いた状態での検査をしました。
視力検査は凄く時間をかけて、矯正視力がどこまで見えるかをします。
いままで、1.5は見えないと思っていたのですが、きっちり合わせると1.5見える事が分かりました。たぶん、そのレンズでの眼鏡は生活できないとおもうし、コンタクトもきついだろうと思いました。矯正視力が1.5でるということは、レーシック後1.5見える可能性があるのでとても楽しみです。
瞳孔を開く目薬をしてから、いろんな検査をするのでかなり時間がかかります。

特に最後のドクターの診察前に30分ほど待ったように思います。その待ち時間以外に、手術の説明がありました。術前の注意事項と術後の注意事項。術後は点眼薬とサングラスのようなゴーグル、プラスチックの眼帯を貰えると言われました。術後の合併症等の話もされましたが、まったく心配していません。ドクターの検診は眼底検査だと思います。かなり熱心に眼底を見られました。やはり、強度近視だと眼底が剥離している事があるからだと思います。質問を受けてはくれますが、術後の検査の話をきいたら、それは術後に紹介状かきますとだけ言われました。提携している病院があるわけではないようです。
検査で適応と出た場合は、このまま手術を受けることが出来ます。私は諸事情により来月の13日にします。

手術
2008.09.13 品川近視クリニック 大阪院にて(検査から21日後)

最初に受付で、支払いと交通費の清算をしました。交通費の清算ですが、富山大阪の特急回数券を買っていたので、かなり時間がかかりました。最初の予約の電話で回数券の領収書で大丈夫と言われていたので、こういうところの伝達はしてないんだなと思いました。
支払い時に、術後の目薬の説明書とサングラス、眼帯も貰います。

その後、コンピューターでの視力測定と、アナログでの最終測定。
このとき、コンタクトの装着の期間等は聞かれませんでした。

検査自体は2,30分で終わって一緒に受ける人を待ってる時間が結構有りました。
同じ時間帯に受ける人が私含め7人位いたと思います。同時に呼ばれ、名札とヘアーキャッをもらって、係りの人に案内され16階の手術のフロアまで移動しました。

そこで、目薬の事と飲み薬の事を詳しく話され、順番を待ちます。
ヘアーキャップをつけて最終的な目のチェックをされました。そのとき「眼をぐっと押しますが気にしないでください」と言われました。

ます、フラップ作成のために部屋に入ります。そこで台によこになって正面を見ていると、眼を器具でグイっとされました。すごく大きく開かせるって感じです。瞼がかなり痛かったです。「まっすぐ動かないでくださいねぇ」と言われましたが、正直自分がどこを見ているのか全く分かりませんでした。意識して眼を開くようにはしていましたが、目の前が真っ暗になっていって、どうなっていたのか全く分かりません。ただ、片目が終わったとすごい涙がでていたのが分かりました。

両目行い、すぐに手を引かれてレーシックの部屋に移動します。
そこでは、瞼を開くためにテープで固定され、これも「まっすぐ見てください。緑のランプを見てください」といわれましたが、やはり見えなくなります。手術の行為自体は痛くはないのですが、瞼にはったテープをはがすときがかなり痛かったです。レーザーがあたっている間は、すごい匂いがします。髪の毛が燃えたような匂いです。なんとなく、眼が焼かれてるんだなぁと思いました。

その後手を引かれて回復室(?)に連れて行かれ、普通の待合室の椅子と同じところに座ってしばらく待ちます。(HPにあるようなリクライニングして、カーテンで仕切ってある椅子では無かったです)寝ないようにといわれました。術後4時間ぐらいは寝ないようにといわれました。涙の分泌を促すためらしいです。

術後すぐに見えるのが実感できました。ただ、帰宅の頃に麻酔が切れてきたようで、痛くて涙が止まらなくなっていたので、タクシーでホテルに戻りました。
手術がおわったのが17時くらいで、21時くらいに寝るまで、3回くらい痛み止めの目薬をしました。痛み止めの目薬も2、3回で止めないと回復が遅くなるとあったのでギリギリまで我慢してさしていました

翌日検診
30分くらいでおわります。
富山の眼科への紹介状も書いてもらいました(無料です)。
痛みもほとんど無く、とても眼が乾く違和感があるくらいで、日常生活に支障はないです。
術後1週間検診

富山市内の片山眼科
2008.09.20 費用2,700円

両方1.5
乱視は言われませんでした。

眼球の表面の写真を見せてくれて、切ったところがあるのが分かりました。
点眼薬をきちんとさしていたからか表面に傷も無く順調でした。

3ヶ月は保険適用外なので検診費用は2,700円+薬代だそうです。

動機医院選択事前検査手術翌日検診1週間後2週間後1ヵ月後2ヵ月後3ヵ月後
2009© Life style.All Rights