Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

品川近視クリニック体験談

品川近視クリニック神奈川クリニック神戸クリニックナチュラルヴィジョン東京レーシックセンター
品川近視クリニック体験談03
動機医院選択事前検査手術翌日検診1週間後2週間後1ヵ月後2ヵ月後3ヵ月後
レーシックを受けようと思った動機
私はかなりの近視で、当たり前にコンタクトレンズをつける生活をおくっていますが、やはり装着しているものなので、目の調子が悪い時などは辛いと感じることが多々ありました。
あまりに調子が悪い時はメガネをつけていますが、それはそれでコンタクトとの若干の見え方の違いに運転等不便さもあり、視力が良かったらなぁ~としょっちゅう思っていました。
ただ知識もなかったので、一度悪くなった視力が回復することはないだろうと思っていたので夢物語にすぎませんでしたが、テレビでレーシックを知ったときは、医療の発達は凄いと、驚きの連続でした。
実際自分が手術をするということになると、痛そう・値段が高い・本当に見えるようになるのかな?等、当時では踏み切れるレベルではなかったです。
月日が経ち、周りでちらほら手術を受けたという人が現れ、話を聞く機会も増えました。大分身近なものにはなりましたが、初期の頃に受けた人は視力がもとに戻った・痛かったし瞼が一週間ぐらいはれているという話を聞くと、やはり踏み切れませんでした。
そうこうしているうち昨年に主人が会社の人に進められ手術を受けることになり、値段もずいぶん安く、手術もすぐ終わったし痛くない、こんなに快適な生活になるならもっと早く受ければ良かったと大絶賛。今や目が悪かったことを忘れてるというぐらいです。
その話を聞きすぐに手術を受けたかったのですが、昨年は妊娠中だったため断念、出産しいつ手術を受けようかと思っていたときに、今回のレポーターのサイトを目にし決断しました。 レーシックの話は噂程度に聞いておりましたが、不信感しか持っていませんでした。しかし、仕事先の方がレーシック手術を受け人生が変わったという話を直に詳しく伺い受けようと思いました。
・メガネ暦 17年          ・コンタクト暦 15年
品川近視クリニックを選んだ理由
値段・症例数・人気ランキング
事前検査
検査日をメールにて予約すると電話連絡がはいりました。(この際に品川エディションの場合は検査日、手術日、翌日検査日までを予約することができるみたいです。)
検査は15時からの予約で10分前の14時50分に来院してくださいということでした。
受付には50人近くが入れ替わり立ち替わりで混雑していて、こんなに手術を受ける人がいるのかとビックリでした。
それから25分ぐらい待ったところで、検査が始まりました。ホームページの検査手順通りで、屈折率を測る検査・角膜の形を測る検査・角膜の細胞を数える検査・眼の硬さを測る検査をし、その後5分くらい待って視力検査でした。
それが終わると暗室に入って、瞳孔を開く目薬をさし、見え方の質の詳しい検査・眼の屈折状態の測定と角膜形状の解析・角膜の前後面の形状を表示、解析・明るさや感度のテストをされ、暗室を出て待つこと15分くらい、3人ぐらいを集めて簡単に手術日の注意事項等の説明があり、屈折率を測る検査・レンズで矯正できない微妙な眼の歪みを検出する検査、そして点眼麻酔後に超音波で角膜の接触検査を受けました。
接触検査は麻酔が効いているので感覚はないですが、眼が動いてしまうのか、なかなかうまく測定できなくて検査の中で一番疲れました。
それから10分後くらいに医師の診察に呼ばれました。お医者さんは若そうな方ばかりで4・5人おられました。
診察室では軽く眼の診察があり、質問はないかと聞かれました。
「術後、視力が元に戻ることがあると聞いたのですが」と私が話している途中、戻ることはないと言葉を勢いよくかぶせてこられたので、あまり聞かないほうがいい内容だったのかと一瞬思いました。説明の内容はもとに戻るほど悪くなることはなく、1.0くらいに視力が落ちてしまことがあるというもので、その多少悪くなる確率も1%ぐらいなので、そう気にすることはないということでした。ただ1.0ぐらいになったというのでは再手術の対象にはならないということだったので、きっと売りの一つである6年保証というのはあってないようなものなのだという感じがしました。
検査内容は特に問題ないとのことで、適用となり診察終了。
その後待つこと10分くらいで、受付にて手術日時の確認・書類を渡され終了しました。
所要時間はトータル2時間45分くらいでした。
病院の対応については、予約確認の電話の方が、すごくいい感じの対応なので安心できる病院というイメージがしましたが、実際来院してみると、受付・検査スタッフは人数が多いので、親切な感じの人・業務的な人など様々で、医師もそんな感じなので、全体の評価としては普通で、特に不愉快な思いはしなかったです。
現在週刊誌等で話題の品川エディションしか受けれない仕組みになっているということは無かったです。改善されたのかわからないですが、エディションでないスーパーイントラレーシックが可能という結果がでました。
違いを聞くと、大きな違いは保証年数(6年と3年)・執刀医の経験の差で、医師の指名料みたいなもので金額がアップされているそうです。機械も最新とその一つ前の機械という差らしいですが、術後の結果からいくと経験の差で多少違いはでるそうですが、手術時間や見え方等には大差がないという回答でした。
当たり前ですが、安いからといっていい加減にするとかいうことはないとおっしゃってました。
眼のことだから高い価値のついているほうが安心できていいかと凄く悩みましたが、結果に大差がないのなら、少しでも安いほうがいいと思いスーパーイントラレーシックに決めました。
手術
2008.08.21 品川近視クリニック 大阪医院にて
予約時間の16時に受付へ到着。今回は30人くらいの人が入れ替わり立ち替わり出入りしていました。前回ほどの混雑ぶりはなかったです。今思うと検査の日がすごく混んでいたのは、世間のお盆休みと重なっていたからかもしれないです。
受付に診察券と承諾書を渡し、術後のメガネの色(グレー系・透明系の2色)を選んで、手術代金の精算をしました。
いよいよ手術当日ということで、やっぱりなんとなくですが緊張しました。もともと凄く優柔不断なので、値段の安いスーパーイントラレーシックを選んで大丈夫だったのかと直前まで心配で不安でした。安心を得る為に、みなさんはどちらを選んでおられるのかと耳をすましていましたが、やはり聞こえてくるのはエディションばかりで、不安が増すだけなので聞くのをやめました。
そうこうしているうちに10分くらい経ち、たぶんですが前回やった屈折率を測る検査・視力検査をし検査終了。受付に戻ると紹介制度の説明がありました。ちなみに紹介すると紹介者にエディションは4万円(スーパーイントラレーシックは1万円)、紹介された方は1万5千円引きと検査無料だそうです。
16時20分頃に5・6人が呼ばれ、ヘアキャップと首から下げる名札を渡され16階の手術室へ移動しました。
16階に到着するとロッカーに荷物を入れ、看護師さんより薬(抗炎症剤・抗菌剤・角膜保護剤手術当日用・角膜保護剤・鎮痛剤の5種類の点眼薬と飲み薬の抗炎症剤・胃薬)の説明、点眼を受け、靴をはきかえました。
順番に呼ばれ診察。とても若い先生でした。眼の検査を簡単にされ質問はと聞かれたので、「安いほうでも問題ないですよね」と、この期におよんでまだ聞いてみました。「多少差はでますが問題ないと思いますよ」と回答されました。スーパーイントラレーシックは症例数の少ない医師が担当と聞いていたので、「先生が担当してくれはるんですか?」「症例数は少ないんですか?」と聞きたかったですが、さすがに失礼なので聞けませんでした。
16時25分頃に手術開始。イントラレーザー室(フラップを作成する作業)に入り、横になると目薬をさして、まず右目からだったので右目に眼球を固定する器具を取り付けられました。感じとしては、グッとおされて圧迫される感じで光を見ていたのですが、途中から右目は見えてない感じでした。始まると特に何も言ってもらえなくて、どうしていたらいいのか不安でしたが、たぶん何も言われないということはこれでいいのだろうとじっとしていました。次は左目でしたが、左目はなかなかうまく器具が取り付けられなくて、器具を装着しようとするたびに目をおされるのが辛かったです。
それぞれ取り付けから終了まで2・3分だと思いますが、早く終わって欲しかったです。
そして廊下をはさんで反対側の部屋のエキシマ室(エキシマレーザーによる屈折矯正)で、また横になり右目からテープを瞼等にはり器具で固定。レーザー照射されだすと、焼けた臭いがプーンとしてきました。
緑のあかりを見て下さいと言われるので、緑のあかりをできる限り見てました。これも2・3分くらいかかりました。ちなみに瞼等にテープを貼られるのですが、結構雑に勢いよく貼られ勢いよくはがされて「痛てててて」と罰ゲームのようでした(笑)。
手術を受けた方から痛くなかったとか、あっという間に終わったとか聞いていたので、楽に終わると思っていましたが、意外とというか、思っていたよりしんどかったです。時間的にはたいしてかかっていないのですが、手術中にあとどれくらいなど何も言ってもらえなかったので、わからないだけに長く感じ「まだかな?早く終わって欲しいな」とばかり思っていました。
ボヤ~と見える中、回復室へ移動し目薬をさしてもらい、眼をつむったまま10分くらい待ったところで診察、異常がなかったため終了でした。回復室はネットで映っていた横になれる椅子はありましたが、その横にあるパイプ椅子に座って待たされました。この辺がエディションとの値段の差かもしれないですね。(笑)
所要時間はトータル1時間45分くらいでした。スタッフ(受付・検査・医師)の対応は前回より親切で優しい感じの人が多かった気がします。前回は混んでいて、いっぱいいっぱいで余裕がなかったのかもしれないですね。
病院を出て、30分後くらいに電車に乗ったのですが、眼をつむっていると段々痛みが増してきて涙が出てきました。家に着く頃には、私の場合は特に右目がしみて眼を開けるのがやっとで、目薬(抗炎症剤・抗菌剤・角膜保護剤の3種類を1時間に各1回)をさすのも辛かったです。鎮痛剤(速効性あり)を点眼し、寝たら治るかなと思ったのですが、痛み止めの効果がきれてくると痛くて横になってもなかなか寝れなかったです。術後4時間くらい経った頃、痛みもましになり寝ることができました。本来は術後4時間は起きて1時間ごとに目薬をささないといけないみたいです。
痛みは激痛というわけではないですが、痛くても、こすったりできないのでグっと耐えないといけない痛みで辛かったです。主人も以前手術を受けたのですが、痛みはほとんどなかったみたいで、話によると痛みには個人差がかなりあるみたいです。
手術当日は洗髪禁止で、肩から下のシャワーはしてもいいそうです。外出・就寝時は保護メガネ等を装着し、風を眼に受けそうな時は眼を細めるほうがいいということでした。
あと私の場合ですが授乳中の為、炎症止めの飲み薬は処方されませんでしたので、手術当日より授乳可でした。ちなみに薬を飲まないからといって炎症がでるということではないが、もし術後に強く炎症をおこした時は飲み薬を飲むことになるので、その際には薬を飲んでいる間(目安としては1週間)の授乳はできなくなるという説明でした。点眼薬は特に授乳への影響ないそうです。
翌日検診
手術翌日の朝、少しボヤ~と見えている感じでしたが、裸眼で時計が見えました。痛みはほとんどなくなっていました。ただやはり手術日に痛かった右目に、ゴロゴロとした異物感みたいなものが残っています。
外出時用のメガネを付けて11時30分に病院に到着。待合は20人くらいで空いていました。様子を見ていると半分が検査で半分が手術の人みたいでした。これぐらいの人だと待ち時間も短くて楽そうでした。
5分程で検査に呼ばれ視力検査を開始。右が1.0・左が1.2でした。思っていたより、回復せず少しガッカリでした。そういえば、最初にどれくらいに回復するのか質問するのを忘れていました。少しボヤ~と見えてるのは、1.0の見え方なのかもしれないです。これがハロー現象かどうかは、もう少し時間が経たないと何とも言えない感じです。とはいえメガネなしでこんなに見えるのはとても嬉しいです。
10分程で診察に呼ばれ軽く眼を診察されました。ズレなどは特になく問題なしでした。ゴロつく感じは仕方ないことで、時間とともに消えるので心配いらないという事と、視力が安定するのは1か月くらいかかるので、今回の結果が最終視力というわけではないとおっしゃっていました。次の検査でもう少し視力が上がっているのを楽しみに待ちたいと思います。
所要時間はトータル30分くらいでした。次回は1週間後の検査で、翌日検査日より1~2週間の間に受診するようにということでした。予約はすべて電話予約で行うシステムらしいです。
本日より洗髪が可能なので洗髪・洗顔をしましたが、眼の辺りに手が触れると、眼の中が少し痛い感じがしました。これも時間とともになくなるものでしょうが、今の所(術後3日現在)も同じ感じです。
術後1週間検診
術後9日目ぐらいには、ゴロつきもなくなり、現在では眼が乾いているのか、起床時にコンタクトを着けっぱなしで寝てしまって起きた時のような、重たさみたいなものを多少感じますが、違和感なく快適に生活できています。
術後11日目の11時に受付へ到着。待合は15人くらいで空いていました。
受付にてアンケートの記入後、検査開始。検査内容は屈折度検査・眼圧検査・視力検査でした。視力検査は前回なかった所に、コンピューター式の機械が導入されていました。
結果は左右1.5で、前回より見えていました。
診察でも異常なしで、目薬が角膜保護剤のみでよくなり(現在使っている物が無くなり次第点眼終了)、普通の生活(スポーツ等もOK)に戻していいということでした。
3ヵ月検診の予約の説明後終了。3ヵ月検診は前回同様、検査日1か月前より予約可能で、すべて電話予約で行うシステムでした。
所要時間はトータル25分くらいでした。今回担当になった検査スタッフは、声が小さくて何を言っているのか聞き取りにくいし、やる気のない感じで、今までで一番最悪でした。次回は、もう少し良い人に担当してもらいたいです。
手術日にお願いしていた診断書(1通5千円)は、今回の診察時に医師より渡されました。
術後2週間
術後14日目ですが、眼の調子は良好です。ゴロつき・眼の乾きも気にならないです。
手術時に渡された目薬の角膜保護剤のみ点眼中ですが、あと半分ぐらいなので、今週で点眼もなくなりそうです。
術後1ヵ月
眼の調子は良好です。特に変わった事もなく、よく見える快適な生活を過ごせています。
免許証の眼鏡等の条件解除の手続きをしに高槻警察署に行ってきました。しかし残念ながら免許証の更新時のみ警察署で解除手続きができ、それ以外は門真試験場でしか手続きができないということでした。
解除の手続きをしていないと、条件違反で2点減点と罰金。ちなみに手続きするまではサングラスや伊達メガネをかけて乗れば条件違反にはならないそうです。
更新まであと1年あるので、遠いですが試験場まで行くか、メガネをかけるか検討中です。裏書するだけみたいなので高槻警察でもできるようになって欲しいものです。
術後2ヵ月
眼の調子は良好です。手術を受けて2ヵ月しか経っていないのに、すっかり裸眼に慣れ、コンタクトをしていた生活の記憶がなくなってしまっています。
3ヵ月検査の予約をとりました。1ヵ月先でもやはり土曜日は混んでいるようで午前中がうまっていました。土日がよければ早めに予約をされたほうがよさそうです。
詳しく検査する為、時間は1時間半ほどかかるそうです。
術後3ヵ月検診
眼の調子は良好です。
・自転車で帰宅後すぐにPCやTVを見ると、しばらく霞んで見えることがある。
・左右の視力が違う(L1.2/R1.5)のでボヤ〜と見えることがある。
(同じくらいに見えるようにレーザーをあてても、多少の誤差は出るので左右の視力の違いは仕方ないそうです。)
それ以外は特に気になる事もなく快適な生活がおくれています。
検査は1時間程で終了しました。診察結果は、視力の回復が思っていた程ではなかったですが、眼の状態としては良好でした。
動機医院選択事前検査手術翌日検診1週間後2週間後1ヵ月後2ヵ月後3ヵ月後
2009© Life style.All Rights