Lasik あなたも裸眼生活を楽しみませんか?
レーシック体験談

神奈川クリニック体験談

品川近視クリニック神奈川クリニック神戸クリニックナチュラルヴィジョン東京レーシックセンター
神奈川クリニック体験談01
動機医院選択事前検査手術翌日検診1週間後2週間後1ヵ月後2ヵ月後3ヵ月後
レーシックを受けようと思った動機

コンタクトを作るために眼科に行ったところ、眼科医に「近視も乱視も強いので、手術した方がいいかも知れません」と、勧められたのが最初のきっかけです。(乱視のせいかは分かりませんが)矯正視力が、左目だけ0.7→0.3に落ちてしまっていました。)

でもやっぱり怖くて、最初は全く受ける気はしなかったのですが、最近周りでレーシックをして視力が回復した人がいて、その人が「感動だ!」と言っていたので、心が動きました。

・メガネ暦 20年          ・コンタクト暦 15年
神奈川クリニックを選んだ理由
最新の機械があったのと、手術する先生を指名できるので、神奈川クリニックを選択しました。
事前検査

検査は3時間以上かかると言われていましたが、私は平日の夜に行ったせいか、2時間半もかからずに終了しました。

検査は、コンタクトを作るときに測る項目+αという感じです。眼圧、視力、角膜の形、厚さなどを測ります。視力を測るところでは、しつこいくらい念入りに測ります。同時に乱視の度合も測っていましたが、私の乱視はかなり強かったようで、最後の先生の検診で、「普通のイントラレーシックでもいいけど、乱視が強いからコンチェルトをお勧めします。」と言われました。あと、初めて角膜の厚さを測りましたが、麻酔の点眼をした後、検査の人が直接目に棒を当てて測るので、ちょっと怖かったです。検査の人は、何を測っているのかは、聞けば教えてくれますが、聞かないと教えてくれません。過度に親切ではなく、淡々としています。でも検査は迷いのない動作なので、私は安心して検査を受けることができました。

検査自体は辛くはなかったですが、検査の最後に点眼した、瞳孔を広げる目薬が私には結構強烈で、物の見え方が変わって来て、近くをみるのが辛くなってきました。帰り道、駅のホームで近くを見ようとしたら、目の焦点が合わない感じで、くらくらしました。

目薬をした後は、瞳孔が広がりきるまで、20分くらいかかるのですが、先生の検診を待っている間DVDを見るように言われます。DVDはレーシックの説明ビデオで、だいたいHPに載ってることを動画で説明するので退屈です。ですが、院長のQ&Aだけは、流さないでちゃんと見た方がいいと思いました。あのDVDで私の不安はだいぶ解消されました。

先生の検診はすごくあっさりで、目に傷がないかを見て、検査結果から、手術可能かということと、適切な手術方法を教えてくれるだけです。検診自体の時間は5分もかかっていないと思います。後がつかえてるから、早々に切り上げたいのかも知れません。私は、「角膜が人より厚いから、再手術も可能ですよ。」と言われましたが、正直再手術はしたくないと思いました。

その後の予約カウンターの人は、すごく親切でしたので、かなりのギャップを感じました。 手術の細かいこと以外の注意点などは、予約カウンターの人にきけば大体事足りました。

明日は手術です。大丈夫、大丈夫と言われても、やっぱり緊張します。

手術
2008.06.10 神奈川クリニック 新宿医院にて(検査から1日後)

手術は平日の夜でしたが、約3時間かかりました。
手術自体は1時間もかからなかったので、ほとんどは待ち時間でした。

手術は美容室のシャンプー台みたいなのに座り、仰向けで行います。身体は固定されませんが、手術中は顔を押さえつけられるので、動く心配はありません。麻酔の目薬は何回もさされ、最後の方は水滴を感じないくらい麻酔が効いてきます。
フラップを作る手術では、白い光を見るように言われます。段々視界が狭くなってきて、全然見えなくなっても、「まっすぐ見ててください」と言われるのですが、どこがまっすぐなのか分からず不安になりました。しかし、先生が「綺麗にはまってますよ〜。そのままで。」と声をかけてくださるので、なるべくそのままじっとしてました。
まぶたが閉じないように固定する器具が痛いと聞いていたので、緊張したのですが、この作業がすごく手際がよくて、痛みは一瞬で済みました。

レーザーの方は、顔をカバーする色んな物をかぶせられ、目の付近だけ出るようにされます。レーザーの機械のドライヤーみたいな音とレーザーの音とがうるさく、視界も狭いので不安になります。まぶたが動かないための器具をセットされ、フラップをはずされるのですが、この作業の時に視界が動くので、つい動いた方を見たら「目を動かさないで!」と注意されました。レーザー照射中は、緑の光を見ていなければならないのですが、赤黒い光と緑の光がぐるぐる動いて、暗闇のオーロラの中にいるような感じでした。段々不安に耐えられなくなってくるのですが、先生が「目がよくなってますよー」と絶えず優しく声をかけてくださるので、それで気分がだいぶ楽になりました。
終了後、先生が目の中をチェックして、「綺麗にいきましたよ。」と言われ、ほっとして涙が出ました。

ラウンジでちょっと休んで帰宅しましたが、帰宅中、案の定目がひりひり痛くなりました。神奈川クリニックでは麻酔の目薬はなく、鎮痛剤だけです。あわてて飲んだのですが、全く効かず、ひりひりしたまま電車に乗って帰りました。目をあけても閉じてもひりひりするので、早々に帰って寝ました。一度寝て起きたら痛みがひいていて、その代わりにクリアな視界が広がっていました。

何もつけていないのに、見えるということにすごく感動しました。

術後1週間検診

まず、視力・乱視を測ります。次に先生の診察があり、最後に目薬を配布されます。

今までの検査などに比べると、待ち時間が非常に短いです。 今まであっさり検査していた先生も、ここでは念入りに目の中を確認します。ここで問題があると、何回も来なければならないのですが、私は問題なく、次回は一ヶ月後検診です。今までの検査の追われるようなあわただしさから離れられ、結構質問しやすく感じました。私は来週末に長時間飛行機に乗ることになってしまったので、目薬を多めに処方してもらいました。

視力は1週間後(右、左)=(1.5、1.5)両目1.5でした。 乱視は中度の乱視(1.5くらい)だったのですが、数値は半分に減っていました。

今のところ痛みもなく順調です。

術後2週間

医師からは、最初の一週間が重要だと聞かされていましたが、私は油断せず目薬を頻繁につけ、外出の際はサングラスをしていました。サングラスはUVがついてて大きければ何でもよいと言われたので、手術の次の日からは支給されたサングラスではなく、自分のサングラスをかけてました。ちょうど日差しが強い季節だったので、普通に外でサングラスをかける感じでずっとかけてました。見えすぎてると疲れるので、視力をわざと落とした状態にしておくために、家の中でもサングラスをかけたりしていました。

視力が安定するようになって、左と右の見え方がちょっと違うと感じました。もともと乱視が強かったので、左だけ乱視が残ったのかなあと思ったりして、自分で遠くのものを片眼ずつ見て、見えるかどうか確認したりしてました。見え方が違うだけで、見えないわけではないので、異常ではないのですが、気になりました。裸眼ではっきり見えた記憶が遠い昔なので、本当はどういう風に見えたら正解なのかが分からないので、確認のしようがありませんでした。

あまりにも急に視力が回復したので、寝て起きたら目が見えなくなっていたらどうしようとか、顔を洗って眼をあけたら見えなくなってたらどうしようとか、不安はいつもついてまわりました。でもクリアに見える視界はコンタクトをつけているのとほとんど変わらないので、たまに手術したこと自体を忘れます。あるいは、私は本当は手術をしたのじゃなくて、コンタクトをつけているんじゃないかと錯覚することもあります。

ハログレアは普通にありますが、自転車の運転をしてる分には、全く問題がない程度で、逆に色んなものがきらきらして見えるので、「綺麗だなあ」とか思ったりしました。ずっと見え続けるというのもらくじゃないと初めて分かりましたが、友人には「贅沢な悩みだね」と言われ、自分でもそう思いました。

自分の眼の力をフルに使って物を見ることができるということに、やはり感動します。

術後1ヵ月検診

翌日検診、1週間後検診と異なり、1ヶ月検診は、角膜の写真を撮りました。その後、視力と乱視を測るのは一緒です。ただ、視力を測るときに、レンズを入れながら、赤と緑の中の枠の

太さを見るという手術の前の検診でやった検査を加えて行いました。これで「今後視力があがるか見ます。」と言っていましたが、検査後、それに対する回答のようなものは全くなく、両目とも1.5だと告げられて、先生のところに行きます。

先生は若い人で、
早口で「問題ないですが、何か気になることはありませんか?」というので、
「右と左の見え方が違うような気がして、気になります。」というと、
「そうですか?でも検査の結果は全く問題ありません。利き目というのがあるので、そのせいかも知れません。」とか、
「現在の医学では分からない何かかも知れない。」とか言い出したので、
それ以上聞くのをやめました。
検査で撮った角膜の写真についても、全く触れられませんでした。

帰り際、「何かあったら電話してすぐ来て下さい。」というのを連呼してました。
1週間後よりも弱めの目薬をもらい、「異常がないので、定期健診はこれで終了です。」と言われました。
私はてっきり3ヶ月検診があると思っていたのですが、経過が良好なら行わないようです。

術後2ヵ月
視力は測ってませんが、特に変化ありません。生活の中で手術したこと自体忘れることが多くなりました。パソコンをよく見る仕事なので、いたわる意味で目薬を定期的にさすようにしてます。
術後3ヵ月検診

3ヶ月検診は必要ないと言われてたのですが、検診は無料なので、予約して行きました。

視力は左1.5弱、右1.5。左は実感として手術直後から右より悪い感じがしてたので、この結果には納得できました。検査の不満としては、今後良くなる可能性があるか検査してくれるのはいいのですが、その結果には全く触れないことです。見え方はコンタクトとそう変わりません。暗い場所だと若干視力が落ちる感じがしますが、そういうのにも慣れました。目もあまり乾かなくなりましたし、寝るときにコンタクト外さなきゃと焦ることもなくなって、快適です。でも、検診は定期的に3ヶ月おきくらいに行こうと思います。

水色のフルート
動機医院選択事前検査手術翌日検診1週間後2週間後1ヵ月後2ヵ月後3ヵ月後
2009© Life style.All Rights